株式会社 北海道バイオインダストリー

お問合せ

基礎研究

基礎研究

当社では、北海道東海大学(現・東海大学)、北海道大学、道立食品加工研究センター、道立林業試験場等の研究機関や北海道内の研究開発企業、農業生産者等との連携によって、基礎研究と製品開発、事業化を行っています。北海道内の研究機関や企業がネットワークを形成することによって、それぞれの得意な技術を融合し、北海道の健康バイオ産業が活性化することを目指しています。

天然消臭剤の開発

研究期間:平成9年~平成15年
協力機関:北海道東海大学(現・東海大学)

従来の食生活で消臭剤としてはフラボノイドが、植物由来の天然消臭剤としてはニンジンの緑葉乾燥粉末が知られていました。ニンジンの緑葉乾燥粉末は、ニンニク臭やタマネギ臭などのにおい成分である揮発性含硫化合物ジスルフィド類に対する効果は十分とはいいがたいものでした。

そこで北海道に自生する植物の消臭効果をスクリーニングし、アンモニア臭をはじめトリメチルアミン、ジスルフィドなどのにおいに対して優れた消臭効果のあったものについて、天然消臭剤としての活用方法を検討しました。中でも、血糖上昇抑制作用や優れた抗酸化作用を有する北方系機能性植物のヤーコンの葉に、高い消臭作用があることを確認し、多機能性天然消臭剤として活用しています。

北方系機能性植物からの機能成分の同定および機能性の検証

研究期間:平成9年~現在
協力機関:北海道東海大学(現・東海大学)、北海道大学、道立食品加工研究センター 等

薬理・生理作用をもつギョウジャニンニクなどの北国の野草や冷涼地向きの野菜に関して、それらの機能性の検証と機能成分の分離・精製・同定を実施。

<研究対象>

ネギ属植物: ギョウジャニンニク、タマネギ、ニラ など
冷涼地向き野菜:ヤーコン、チコリー など
機能性小果樹: アロニア、ウマブドウ など

植物の生物合理性制御による機能性賦活化の研究

研究期間:平成12年~現在
協力機関:北海道東海大学(現・東海大学) 、北海道大学 等

植物が本来持っている防御機構(昆虫、微生物などの外敵から身を守るために、自らの生体内の酵素系をコントロールし、外敵が嫌がる物質などの新しい成分を体に作り出す)によって生成される物質(二次代謝産物)の中には、私たち人間の生体調節機能に有用な成分が多数あります。

そこで、この植物を加工する際にその酵素系を合理的に制御して、目的とする有効成分の生成を促し機能性を賦活化させる『BRC(バイオラショナルコントロール)製法』を確立し、特許化(特許第3725079号「ネギ属植物処理物」)しました。

このBRC製法により、より健康機能を高めた製品加工が実現できるようになりました。サプリメントや健康志向の食品素材として、通常の調理加工では摂取することが出来ない成分を効率良く摂取できる製品作りが可能です。

道産小果樹アロニア活用による機能性飲料及び食品の研究開発

研究期間:平成19年~現在
協力機関:北海道大学 等

高度情報化社会をむかえ、職場や家庭でのパソコンの普及率が上昇すると共に、パソコン作業によって何らかの疲れを訴える人が増加しています。精神的な疲労やストレスを感じ、特に目の疲れや痛みを訴える場合が多く、今後もこのような悩みを持つ人口は増加の一途をたどると予想され、その対策は急務となっています。しかし、現状では「眼精疲労の緩和、軽減」に関する製品においては、実際にヒトに対して真に効果があるのかを検証し、明快なエビデンスを有している製品はありません。

そこで、北海道産のアロニアを用いてアロニア果汁と、未利用資源の残さを食品原料となりうる加工処理を施した加工物の生体調節機能について、眼精疲労の緩和、軽減を標的とした機能性評価試験を行い、ストレス社会、各種生活習慣病予防などの高齢化社会での健康リスクを改善・予防し得る機能性を有する新規機能性飲料・食品を開発し、アロニア市場を構築、需要の拡大を図り、北海道によるアロニア生産の拡大とアロニア加工・流通を通して『北海道アロニア』のブランド化と、新規事業・新雇用の創出による北海道経済の活性化を目指します。